lunedì, Agosto 3, 2020

Fabio D’Errico, il musicista cagnanese verso l’Abbey Road Studios, dove incisero...

0
A Cagnano e sul Gargano lo conoscono tutti: tra eventi in piazza e serate nei locali, Fabio D’Errico è diventato ormai un punto fisso...

La Divina Commedia in chiave originale. Domenica a Cagnano Dante va...

0
Si terrà domenica sera nell'incantevole cornice dell’Anfiteatro del Santuario Grotta di San Michele di Cagnano Varano la rappresentazione teatrale della Divina Commedia sotto la...

L’ultima intervista a Mons. Michele Castoro “La Festa non deve diventare...

0
Quante volte ci siamo chiesti se sia ancora un momento di fede la Festa Patronale o si riduca tutto a luci e lustrini. Per...

Primiano Schiavone è il neoeletto Segretario Regionale dell’Associazione ONLUS “Ambiente e/è...

0
È stata la lunga e consolidata esperienza nel campo a far sì che, il titolo di SEGRETARIO REGIONALE di Ambiente e/è Vita Puglia ONLUS,...

一関一寛の石畳チョコレートブログ

0
夏は海水浴へ出かけ、トレンドに揺られながらお天道様の日光を浴びたくなります。 但し、海は何の危険性も無く遊べる置き場としていたら大考え違いです。 海遊びには、どういう危険性があるのか考えてみましょう。 それでは、基本中の基本としてトレンドに気をつけましょう。 殊に児童はトレンドの技術に耐えられず、簡単にトレンドにさらわれるケー。 大人でも離岸流と呼ばれる割引トレンドによって、あっという間に沖へと流されてしまう場合があります。 離岸流に逆らって泳いで戻ろうとしても、大きな割引トレンドですから人柄が叶うはずがありません。 スイミングプレーヤーも力尽きてしまう程の割引の強さですので、離岸流で流されていると分れば、真横にかけて泳ぎ、離岸流から脱出ください。 次は、危険な海の鳥獣です。 色々な大変鳥獣がいるのですが、第一人者として挙げるならばクラゲでしょう。 とりわけ浜辺に打ち昇る所の多いカツオノエボシは、知らずに触ったり、踏んだりしてしまうことがあります。 カツオノエボシの触手に触れてしまうと、強烈な痛苦に襲われます。 最悪の場合、ショックで命を落とす事もありますので、絶対に触れないようにしましょう。 他にはガンガゼ、アカエイといった針+不純物を持つ鳥獣も有ることがありますので、気をつけなければなりません。 見つけたり、負けにあってしまった場合は、周りに報じ、サポートを勧めましょう。 とっても久々ですけど、カルピスの原液を買ってみました。缶やペットボトルに入ったカルピスウォーターやカルピスソーダなどは、ちょこちょこ飲んでいたんですけどね。 最近では、ペットボトルのカルピスもフルーツのテーストがついている代物や、プレミアムなカルピスウォーターもあるようで。それでも、一番のおみやげはむしろ「お中元でもらった瓶入りのカルピスの原液」で、暑い夏季の時期に、それを氷水で割って呑むのが歓迎でした。 原液だと、薄め、濃いめに作ったりできて、さまざまなテーストを楽しめますよね。けれども、無いのは「おや、失敗した。要望を出し過ぎた」って憶えることが多いですけど。 近隣から教えてもらったんですが、カルピスは氷水で割るだけでなく、ミルクで割っても美味しいんだとか。カルピスが1に対して、ミルクを5か6ぐらいの容積で割るとちょうどいいんだそうで。さっそく試してみようと思います。お勧めサイト 言いたいことを素直に言えない世の中になりましたね。 やれ人権侵害だ部族差別だ動物愛護だ性的疎ら派だ宗教弾圧だとか。 パワハラ、セクハラ、マタハラ、モノハラなんてことわざもありますね。 こんな世の中、言いたいことがあっても、うかつに口に出して言えません。 言った物体なら、定理武装した「特権のパーティーり」みたいなヤツが出てきて、アッという間に訴えられます。 何故こんな世の中になったのでしょうか? 以前はもう本音で話して腹をわって口げんかして、最後にはあんな哲学もあるんだと互いを理解したものです。 現代のように、ピンポンはナショナリズムに一つではなくて、そんな哲学の人間が近くにいても許せるような心の残りがあったような気がします。 しかも、現代ではそれを「特権」という大義名分で事業としておる、弁護士や政治建物や働き建物がいますね。 言いたいことを素直に言えない世の中になったから、つぎつぎ攻撃の貯まるヤツが出てきて、「きっかけなき悪業」が増えているのですね。 またその攻撃を何かで発散しようとして、イジメになったり、ウェブサイトの入力になったりするんだと思います。 現代では言いたいことを気にせず言うと、揚げ足を取られてマスコミややっと株式会社に叩かれます。 けれどもそれを気にせずいうヤツは、能力があるかは別にして、ある意味では勇気あるヤツです。 アメリカのトランプくんやフィリピンのドゥテルテ大統領みたいなヤツです。 自分達が普段は言えないことを、敢然とことわざとして言って得る。 ましてやそれが大統領バリエーションや大統領ですから、気持ち的にはとことんぞ言ってくれたとすっきりしますね。 何故か貧富のズレはもっと広がっているし、貧乏人から抜け出す出口は何一つ見えないし、いっそ現実をとにかくひっくり返してほしい。 ひよっとしたら、それをできるのかもしれないのが、トランプくんやドゥテルテ大統領だ!と願っているのかもしれませんね。 世界的には極右のパワーが台頭してきています。...

La riflessione: Ti amo oh! Natura « candida figlia della mente...

0
All’interno della stazione di servizio carburanti, che si trova lungo la strada per Sannicandro Garganico, a qualche chilometro da Cagnano, esattamente sulla dorsale del...

Meteo a Cagnano

Cagnano Varano
cielo sereno
36.5 ° C
37 °
36 °
29 %
3.6kmh
5 %
Lun
36 °
Mar
32 °
Mer
25 °
Gio
26 °
Ven
27 °

Seguici sui social

1,977FansLike
200FollowersFollow
136FollowersFollow